株式会社 ヒロミツ製作所

OUR WORKS

3Dスキャナーによる測定でリスク回避

試作において課題となるのが、データと実際にできあがった製品の誤差です。
3Dデータと出来あがってきたパーツの違いが瞬時に測定できる
非接触の3Dスキャナーを導入することで、製品の安心度が向上します。

対象物を正確に捉える3Dスキャナー

データと製品の誤差を見極めるだけでなく、3Dスキャナーはさまざまな問題をクリアにしてくれます。例えば、試作品や実物があるけれどデータが保存されていない、実物の手修正をデータに反映させたい、接触式では計測できない曲面や穴のデータが欲しい…。クライアントの要望に寄り添い、さまざまな場面で測定サービスを行います。

主な測定対象物例

  • プレス成形品

  • プレス成形品

  • プレス成形品

  • プレス成形品

様々な場面で活用する3Dデータ

研究・開発から設計、製造、検査、メンテナンスまで。
試作品が完成するまでに、多くの人の知識と技術を結集させます。
正確なデータを共有し、理想の完成図に近づけるため、さまざまな場面で3Dデータが活躍します。

ご相談・ご不明点など
些細な事でもお気軽にご連絡ください